読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QUEER NEWS JUNKIE

虹色ニュース&カルチャー

メキシコ同性婚へ!カトリック教会は抵抗を試みているが…

メキシコのエンリケ・ペニャニエト(Enrique Peña Nieto)大統領は、国際反ホモフォビアの日であった5月17日、同国全土で同性婚を憲法上の権利として認める提案を行いました(参考記事)。

同性婚は既に首都メキシコ市の他、ハリスコ州、チワワ州など8州において認められていますが、全国レベルでの権利は認められていません。2015年、最高裁により州による同性婚禁止に対して違憲判決が出ています。

憲法改正のためには国会で2/3以上の承認を得る必要があります。現在のペニャニエト大統領の党と連立政党はほぼ半数を閉めており、また左派議員は既に同性婚に賛成していることを鑑みると、この得票は現実味があり、おそらくメキシコ全土で同性婚が認められることはほぼ確実だと見られています。

ラテンアメリカでは、既に、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、コロンビアが同性婚を認めています。

www.queernewsjunkie.com

カトリック教会は反対

ペニャニエト大統領の発表に対し、カトリック教会はさっそく反対を表明しています。しかし、近年の金銭的問題や。世界的な児童虐待スキャンダルの影響で、カトリック教会の影響力は下がってきていると言われます。

NPRのキャリー・カーンのによれば、メキシコ国民の80%がカトリック教徒であると自認しているのにも関わらず、定期的に教会にかよっているのは15〜20%程度にすぎないそうです。

先日イタリアでもシビル・ユニオン法が成立するなど、カトリック教国での動きが目立ちます。今後他のカトリック教国に波及していくのか、注目したいところです。

関連リンク

CNN.co.jp : メキシコ、全土で同性婚合法化へ 大統領が憲法改正提案

メキシコ、同性婚を容認へ 大統領が改革を提案 :日本経済新聞